墓石と宗教上の儀式

住宅を同様に墓石も置く向きが重要になると言われています。わずかなスペースに墓石を置く場合には向きは自然に決定してしまうということが多いのですが、広々としたところに設置する時には、最も良いとされる方向にしてあげることをおすすめします。どうやれば正解か判断不能な人は専門業者に相談しましょう。
頻繁に墓石やその他付属品は掃除をしないと、どんどん無残な姿になってしまいます。墓石は雨風にさらされています。大雨が降り続いて湿っているところへ、風が土を飛ばしてくると、石の表面が泥だらけになります。1年にどんなに少なくともお盆くらいは訪れて、墓石を雑巾などで拭いてあげてください。
書き入れる書体というのは好きに選択できるようになっているのです。墓石をオーダーする際には本体に苗字などの文字を入れることになるのですが、刻み込む書体によって見た目も違ってくるので、適当に選ばないで、極力きちんと選ぶようにすることによって将来的にも悔やむということもなくなり、気に入ったお墓に仕上がるようになるでしょう。

巻き石と言っても様々な種類が造られているので、販売先だけに任せることはしないように気を付けて、買う人が形を選んでみればいいでしょう。お墓を買う場合には墓石のみを見て決める人も多いのですが、巻き石でも大分雰囲気が違ってくるために、こだわりがあって購入する人は、巻き石とかそれ以外の付属品に対しても注意を払うようにするといいのです。
高額な墓石の場合は、かなり構造が手の込んだものになるというのが、普通なのです。土地の大きさがないところに建てるケースには、どうやっても造りがシンプルなものになるのですが、広い土地に建てる際には、外柵根石や外柵ハメ石とかも必要となり、花立などの付属品も大き目にする場合が多いので、必然的に価格も高額になってしまいます。
墓地の地下には一般的に納骨用の空間が設けられており、その納骨室に骨を納めます。その作業を納骨と言いますが、四十九日に納骨を行なう人が多いです。仏教式と神式、キリスト教スタイルなど宗教の違いで納骨のスタイルも違ってきます。自分に当てはまる方法をチェックしてみましょう。いずれにせよ石材店、墓地には納骨の日取りを事前に伝えてください。

墓も含めて全てが単なる非科学的な習慣だと言われればそれまでですが、墓石をお墓に立てて、その墓の中に遺骨を納骨すれば終了ではないのです。お骨を入れた時に特別な儀式を行い、墓石に死んだ人の霊魂を移す儀式があるのです。そのための法要を近しい人を集めて催す必要があります。
かなり格安で買っても50万円くらいはする墓石ですので、なるべく長期間使用するようにするためにもちゃんとメンテナンスは欠かさないようにしましょう。墓石は半永久的に持つとされているのですが、放っておくと見た目が徐々に悪くなっていくため、たまにメンテナンスをしてあげましょう。