一般的な葬儀費用の内訳

一般的な仏式葬儀をする場合、葬儀費用は全国平均で約200万円かかると言われています。葬儀費用は、主に葬儀会社に支払う基本的な費用と、会葬者を接待するのにかかる接待費用、宗教関係者に支払う費用の3つがあります。葬儀会社に支払う費用には、祭壇や供物などの費用、会場の準備費用やセレモニースタッフの人件費などが含まれます。相場は30万円~100万円ほどです。会場の利用料が含まれる場合と含まれない場合があり、含まれない場合は別に会場利用料を支払う必要があります。会葬者に渡す会葬返礼品、香典返し、通夜ぶるまいで出す料理やアルコール類などの接待費は、会葬者が多ければ多いほど高くなります。人数によって20万円~80万円が相場です。宗教関係者に渡す謝礼金は地域によって差があります。戒名料も含めて10万円~50万円が一般的です。

葬儀会社に支払う葬儀費用

葬儀をするときにほとんどの人が利用するのが葬儀会社です。葬儀会社は葬儀費用に応じて様々なプランを用意しています。最も安いのが「火葬式」「直葬」で、15万円~30万円ほどで出来ます。火葬式や直葬はセレモニーを排して遺体を荼毘に付すだけなので、斎場の利用料や会葬者を接待する費用をカットできます。最近人気の「ファミリー葬」「家族葬」の基本料金は30万円~80万円ほどです。ファミリー葬といっても参列する人数によってかなり費用が違ってきます。10人以内の場合は30万円程度でもできますが、100人前後になると80万円近くなります。一般葬になると基本料金だけで100万円はします。一般葬はいわゆるオーソドックスな仏式葬儀です。通常100人以上の規模で行われます。参列者が多くなるので斎場の利用料や接待費も高くなります。

お葬式でかかる葬儀費用

通夜、葬儀、告別式とお葬式をすると決して安くない費用がかかります。利用する葬儀会社に支払う基本費用だけではなく、参列者の飲食接待費用や宗教関係者へのお布施代や戒名料なども合わせると、何だかんだ200万円近くかかるのが一般的です。ただし、最近は葬儀も多様化してきており、リーズナブルな葬儀費用で出来るお葬式が人気です。通夜と葬儀と告別式を一日で済ませる、コンパクトな「一日葬」も最近人気の葬儀スタイルです。一日ですべて終わらせることで、斎場のレンタル料や時間や参列者の接待費用などを節約できます。一日葬であれば、基本費用50万円と、その他の飲食接待費やお布施代や戒名料などすべて合わせてトータルで100万円以内に収めることが可能です。通夜も葬儀も告別式も行わない「直葬」はもっとリーズナブルで20万円程度で行えます。

49万3千円の「小さな家族葬」。参列者が少ないため、ゆっくり故人をと過ごすことができます。 年間の葬儀件数が2万件でお客様満足度97%の実績。 経験豊富なコールセンターが24時間365日対応。 お付き合いのある寺院のない方は、お葬式でお勤めを行う僧侶を定額5,5万円で手配いたします。 電話・メールなど24時間対応可能です。 葬儀費用が明確なこちらへ